シェア

子犬に噛ませないようにしつけする方法

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
子犬に噛ませないようにしつけする方法
画像: bulhufas.es

こちらでは子犬が噛まないようにしつける方法を紹介します。でも噛んでしまったらどうなるんでしょうか。犬は凶暴になって、鋭い歯で手を噛んでしまうかもしれませんね。なので噛まないようにしつけるのは大切なことです。こちらではそれを紹介します。

従う手順:
1

子犬のうちは、何でも噛むのは当然のことです。これは成長過程で普通のことです。しかし噛まないように教える必要があります。そうじゃないと大人になった時、問題になります。

2

子犬が噛む原因は、歯茎が痛くてそうしているのか、怒っていて噛んでいるのか、どちらかです。強くしがみついてくるようなら、それは怒っていると理解していいでしょう。

3

手を噛み続けるようなら、人の反応を勘違いしていて、噛むことは悪いことでないと思っていて、そうしているんでしょう。

4

噛んできたら“ダメ”というサインを出しましょう。

5

それでも噛み続けたら、叫んでやめさせましょう。それから痛いフリをしましょう。それでやめてくれたら、成功です。噛まれないようにして一緒に遊んでください。

6

犬が落ち着いているようなら、近寄って、なでてあげて、優しい声で話しかけてあげてください。でも手は口の近くにおかないようにしましょう。また噛むかもしれないです。もし噛んだら、また、ダメというサインを出して、その後しばらく離れましょう。

7

暴力的なおもちゃで遊ばせないようにしましょう。そのせいで、噛むのを覚えてしまう可能性があるからです。

8

それでも犬が噛み続けるようであれば、水をスプレーを準備してみてください。噛んできたらそれをかけるんです。これで少しは噛むのをやめるようになるでしょう。

9

犬がお利口にしていたり、言うことを聞いたら、しっかりと褒めてあげましょう。

10

犬におもちゃを与えてあげましょう。そしておもちゃを噛む様に、そして人は噛まないように教えましょう。それでも人の手を噛んできたら、ダメだとしつけましょう。

子犬に噛ませないようにしつけする方法と関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

子犬に噛ませないようにしつけする方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

子犬に噛ませないようにしつけする方法
画像: bulhufas.es
子犬に噛ませないようにしつけする方法

トップに戻る