シェア

メス犬の発情期の時期と期間

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
メス犬の発情期の時期と期間

犬に子犬を生んでほしいとか、生んでほしくないとか考える時、メス犬の発情期を知っておく必要があります。これは簡単ではないので、こちらでちょっと説明致します。

従う手順:
1

まず初めの発情期はいつか知る必要があります。これは犬の大きさ、種類などのよっても違います。例えば、犬が6-9か月の時に来る場合もあれば、9-12か月で来る時もあります。

2

発情期の周期も知っておくといいでしょう。犬それぞれ独自のサイクルがあるので次はいつとははっきりわかりません。それに食べ物や環境にも影響されるので、なんとも言えませんが、獣医に聞いたら、大体の日にちがわかるでしょう。

メス犬の発情期の時期と期間 - ステップ2
3

発情前期と呼ばれる時期は大体 6 から11 日続きます。この時期は出血があり、もうすぐ発情期というシグナルでもあります。ただ、犬の毛が長かったりしたら、出血にはなかなか気が付かないかもしれません。

4

発情期は 15 から25日くらい続きますがこの毎日が本当に発情しているというわけではないです。最も発情しているのは4日くらいで、この時期に排卵をしています。

メス犬の発情期の時期と期間 - ステップ4
5

発情期は犬の動きはいつもとは違うと気づくことでしょう。落ち着きがなく、散歩に行きたがり、フェロモンをまき散らすように頻繁に尿をし、他のオス犬や飼い主に対しても少し凶暴になるかもしれません。

6

発情間期というのもあります。この時期、プロステインが体内から失われます。それから翌月また同じプロセスを繰り返します。なので、妊娠しているかを知っておく必要があります。

メス犬の発情期の時期と期間 - ステップ6
7

獣医によると2回目の発情期に妊娠するといいそうです。その方が犬はもっと大人で成熟しているからです。なので獣医に聞いて、いつ妊娠するのが最適なのか相談してみましょう。

8

妊娠したら、その妊娠期間の様子も知っておくといいでしょう。大体期間は58日から68 日で、初めの半分はお腹の中で子犬の筋肉や骨が育つ時期で、6週間くらい続くでしょう。それ以降は子犬がどんどん成長し、お母さんのお腹のふくらみが目立ってくるでしょう。詳しいことはこちらをどうぞ。

9

妊娠しているとわかったら、犬を大切に世話してあげて、快適な妊娠期を迎えられるようにしてあげましょう。特に食べ物には注意してください。それから運動もよくして、散歩は通常より長くするといいでしょう。妊娠期は犬はいつも以上に神経質ですから、いつもよりかわいがってあげてください。妊娠期の犬の飼い方についてはこちらをどうぞ。

メス犬の発情期の時期と期間 - ステップ9

メス犬の発情期の時期と期間と関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

メス犬の発情期の時期と期間に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

メス犬の発情期の時期と期間
51
メス犬の発情期の時期と期間

トップに戻る