シェア

犬の年齢別の食事量のまとめ

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
犬の年齢別の食事量のまとめ

犬が太らないためには、食事量を正しく管理しないといけません。また必要な栄養をあげないといけませんね。犬のえさと、運動は犬が肥満にならないために大切なことです。この記事では犬の食事量について説明しているので、読んでみてください。

従う手順:
1

犬の餌選びは大切です。餌によって健康的に長く生きられるかが決まるから重要です。でも量も大切なんです。それは年齢や犬の大きさによって異なります。

2

4ヶ月以下の子犬は1日に 4 、 5回食べるのがいいでしょう。まだ小さい子犬は成長のために、しっかりと食事をする必要があります。なのでこの時期は回数を多く餌をあげるといいでしょう。6ヶ月以上の犬は、餌に水を加えたものを与えるといいでしょう。それから水の量を段々減らし、最後は乾燥した物をあげるといいでしょう。小さい犬は1日に 5回食べ、大きい犬は4回食べるといいでしょう。大きい犬は成長がゆっくりだからです。子犬の食事から大人の犬の食事に変える時期などについてはネットで調べてみてください。

犬の年齢別の食事量のまとめ - ステップ2
3

いつも犬には決まった時間に餌をあげるようにしましょう。このように習慣づけるのは大切です。犬は規則正しい習慣が必要な動物なんです。特に6ヶ月以内の子犬の場合はそうです。餌は食事トレーニングなんです。

4

4から6ヶ月の子犬には1日、3食あげるといいでしょう。ほとんどの種類の犬は4ヶ月もしたら、半分大人のようなものです。大人の半分の体重があるので、餌の回数を減らして3回にします。本当に小さい犬の場合、4回あげてもいいです。

犬の年齢別の食事量のまとめ - ステップ4
5

6ヶ月を過ぎた犬はもう大人ですから、一日2回餌をあげましょう。健康な体を維持するのに一日何回餌をあげるかというのは非常に大切です。8ヶ月から1歳の大きめの犬には1日2回、または1回あげれば十分です。餌の量は犬の大きさによります。普通体重の2、 3%の量を食べます。詳しくは獣医に聞いてください。食事量の目安の表を参考にしてください。

6

これは参考までに聞いてください。小さい犬の場合、大きい犬より餌は少なくていいです。チワワのような犬で、4ヶ月以下の犬は、29 から 92グラム与えれば十分です。例えば1 kgの犬なら、29 から 33 gで、4 kgの犬なら、 78 から92 gです。大きい犬には量を多く与えましょう。 4から6ヶ月の犬は、33から84 gです。 6から8ヶ月は 28 から66 gでしょう。8ヶ月以降は23から65 gです。犬は年齢のよって食事量が異なるのです。何か質問などがある場合獣医に行ってきいてみましょう。

犬の年齢別の食事量のまとめ - ステップ6
7

ブルドックのように小型犬でも体重が重い犬は、大人と同じくらいあげないといけません。年齢によって以下のように変わります。

  • 4 か月未満、 115 から 240 g
  • 4 から6か月、 140 から245 g
  • 6 から8か月、 140 から 235 g
  • 8ヶ月以降、 135 から 230 g
犬の年齢別の食事量のまとめ - ステップ7
8

大型犬の場合はこうなります。

  • 4 か月未満、210 から 480 g
  • 4 から6 か月、365 から590 g
  • 6 から 8か月、390 から 520 g
  • 8ヶ月以降、 340 から445 g

大型犬はゆっくり成長します。なので食事量は色々と異なります。以下のを目安としてください。

  • 4ヶ月以内、310 から 855 g
  • 4 から 6 か月、635から1020 g
  • 6 から 9ヶ月、 800 から 955 g
  • 9 から12か月、640 から 935 g
  • 12ヶ月以降、 615 から 830 g
犬の年齢別の食事量のまとめ - ステップ8
9

何か犬が病気かなと思ったら獣医に行って検査してもらいましょう。そこで食事についてアドバイスをもらいましょう。皮膚病や形成異常の場合、症状によって餌の量などは変わりますので獣医に相談しましょう。

犬の年齢別の食事量のまとめ - ステップ9

犬の年齢別の食事量のまとめと関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • これらの食事量は1日あたりのものです。分けてあげてもいいです。
  • 子犬の場合、食事量は体重、犬の大きさなどによります。

犬の年齢別の食事量のまとめに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

犬の年齢別の食事量のまとめ
71
犬の年齢別の食事量のまとめ

トップに戻る