シェア

ピットブル犬の品種のまとめ

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
ピットブル犬の品種のまとめ

ピットブルは犬の種類ではなく、実はブルドックの別名なんです。ピットブルは筋肉質の犬で、中型犬です。こちらではピットブル犬の品種についてまとめてみたので、ご覧ください。

従う手順:
1

プットブルで一番よく知られた犬はアメリカブルドックでしょう。しかし元々はイギリスブルドックでイギリスのスポーツでよく活躍しました。1835年になるとそれは禁止されたのと、輸出の影響で、アメリカにたどり着きました。この犬は、27 から 58 キロぐらいで、色は白、茶色、赤などです。筋肉は力強く、鋭敏に動きます。ペットとして飼うのにいいでしょう。

ピットブル犬の品種のまとめ - ステップ1
2

スタッフォードシアテリアという種類もあります。強くて、運動量がすごいので、犬同士が戦う競技のために育てられることもあります。頭もよく、長生きする犬で、普通 11 から 18キロあります。色はさまざまで、青、黒、赤などです。

ピットブル犬の品種のまとめ - ステップ2
3

アメリカンスタッフォードシアテリアもよくいます。これはブルテリア、ブルドック、スタッフォードシアテリア、イギリステリアなどが混ざったものです。 18 から23キロくらいで、色は赤、白、黒、青、縞模様もあります。頭もよく、強く、正義感がありますが、他の犬と相性がよくないです。

ピットブル犬の品種のまとめ - ステップ3
4

アメリカンプットブルテリアというのは、もともとアイルランドのもので、 1800年頃アメリカに来ました。これもまたスポーツや競技に使われる犬です。第一次世界大戦の時に、とても人気の犬となりました。体重は 14 から 28キロぐらいで、色々な色があります。とても人懐っこい犬です。

ピットブル犬の品種のまとめ - ステップ4

ピットブル犬の品種のまとめと関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

ピットブル犬の品種のまとめに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ピットブル犬の品種のまとめ
51
ピットブル犬の品種のまとめ

トップに戻る