シェア
シェア:

種類別のハムスターの平均寿命

種類別のハムスターの平均寿命

小さくて可愛らしいその容姿から、広く一般的にペットとして飼われているハムスター。鳴き声や騒音、臭い等が近隣住民にほとんど迷惑をかけないことから、ペットとしての飼育のハードルは低く、値段や飼育環境等のコストも犬や猫に比べ格段に安くなっていることから、多くの方が気軽に家庭内で飼育しています。しかし、そんな手軽さの一方で犬や猫にはない大きな欠点があります。それは、寿命の短さです。体の大きさが小さいですから、寿命は短くなって当然なのですが、犬や猫に比べるとかなり短い印象を受けます。今回は、そんなハムスターの寿命について、主に家庭で飼育される品種に的を当てて種類別に見ていきたいと思います。

こちらもオススメ: ウサギの飼育時の餌の選び方

ゴールデンハムスターの平均寿命

こちらがゴールデンハムスターです。家庭内で飼育される代表的なハムスターの中で一番サイズが大きい品種です。体長は、15㎝~20㎝です。性格的には温和なため、人になつきやすく初心者には飼いやすいのですが、縄張り意識が非常に強く、多頭飼いには向いていないハムスターです。寿命としては、平均2~3年です。

ゴールデンハムスターの平均寿命

ジャンガリアンハムスターの平均寿命

こちらが、ジャンガリアンハムスターです。ゴールデンハムスターと同様に飼いやすい品種ですが、こちらは小さめのハムスターです。体長は7㎝~10㎝ほどしかありません。性格的にはマイペースで優しい特徴を持っています。雄同士でなければ、多頭飼いも可能でしょう。寿命としては、平均2年~2年半です。

ジャンガリアンハムスターの平均寿命

キャンベルハムスターの平均寿命

こちらがキャンベルハムスターです。ジャンガリアンと同様に小さめの品種です。体長は8㎝~11㎝。毛色が豊富で、イエロー、ブラック、パープル等様々あります。性格的には気性が荒い部類に入りますので、初心者には飼い難いかもしれません。寿命としては、平均1年~3年と個体差が大きいのが特徴です。

キャンベルハムスターの平均寿命

ロボロフスキーハムスターの平均寿命

こちらがロボロフスキーハムスターです。家庭内で飼育されるハムスターの中で一番サイズが小さい品種です。容姿もほとんど変わらないため、いつまでも子供のハムスターといった印象てとても可愛らしい品種です。体長は6㎝~8㎝。性格的にはとても臆病なため、過渡なスキンシップはかなりのストレスになってしまいます。寿命としては、平均2~3年です。

ロボロフスキーハムスターの平均寿命

チャイニーズハムスター

こちらがチャイニーズハムスターです。繁殖が容易で排泄物の量が少ないことから、実験体用として広く定着しました。今ではペットとしても広く飼育されている品種です。体長は8㎝~12㎝。性格的には温和で初心者にも飼いやすいハムスターです。寿命としては、平均2~3年です。

チャイニーズハムスター

まとめ

ここまで、家庭で飼育される代表的な品種の寿命について見てきました。どの品種も大体3年以内という結果でしたが、品種によっては個体差が大きく出るハムスターもいました。個体が持っている性格や飼育環境の差が、その原因であることも分かりました。気性が荒い、温和という性格や品種による差というのはどうしようもありませんが、飼育環境は飼い主の意識や工夫によって改善することができます。例えば、夜行性のハムスターのストレスにならないよう夜に思いっきり運動させてあげるとか、ゲージ内をこまめに掃除してあげるとかです。特に気を付けてあげたいのが、日頃の状態観察です。ハムスターは体が小さいため、一度病気にかかってしまうとその進行がかなり早いんです。しかも、ハムスターをいつでも診てくれる動物病院はほとんどありません。大切なハムスターを病気から守り、何か異変に気付いたら直ぐに治療させてあげられるよう、日頃から状態観察をこまめに行うようにしましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、獣医あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。獣医に相談することをお勧めします。

種類別のハムスターの平均寿命のようなハウツー記事をもっと読む場合は「ペット」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

種類別のハムスターの平均寿命の記事にコメントを書く

すごく役に立った

種類別のハムスターの平均寿命
61
種類別のハムスターの平均寿命