シェア

ウサギの飼育時の餌の選び方

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
ウサギの飼育時の餌の選び方

ウサギはかわいいペットですね。一緒にいて癒されるし、ウサギは小さいのでスペースをとらないし、特別なウサギのケアはいらないし、いつも安らぎを与えてくれるペットですね。 また家族や子供にも、小さい家やマンションに住んでいる人にもいいペットです。ウサギを飼うのは比較的簡単ですが、注意が必要な時もあります。

特に、長生きしてもらうには、餌には注意しないといけませんこちらではウサギの餌の選び方を説明しますのでご覧ください。

必要なもの:
従う手順:
1

まず、ウサギは重歯目というウサギ目を持っており ねずみとは違い齧歯動物です。またウサギは2つの鋭い齧歯を持っています。歯は常に成長し続け、消化するためによく噛むのに使われます。特にウサギの歯には気をつけないといけません。ここではどうやってウサギの歯をケアするか紹介します。

2

またウサギは草食性で一番よく食べるのは野菜です。なので飼葉だけでなく、常に干し草も用意しておいてください。もちろん水もお忘れなく。

ウサギの飼育時の餌の選び方 - ステップ2
3

ウサギの餌の量は、適切な量でなければいけません。

  • 少なくても150 g の干し草
  • 体重1kgにつき、100 g の野菜
  • 体重1kgにつき、30g の飼葉

もし飼葉を食べないなら、干し草や野菜の量を増やしてください。これは参考までにどうぞ。どのくらいの量を上げるのがベストかなど、詳しくは獣医にご相談ください。

4

干し草はウサギの一番大切な食べ物です。これは歯にもいいですし、消化にもいいんです。

ウサギの飼育時の餌の選び方 - ステップ4
5

お勧めの野菜は、チャードという野菜、セロリ、オランダガラシ、チコリという野菜, 種無しの豆, ピーマン, エンダイブ, ボリ耳, アンティチョーク, ルークラ, きゅうり,人参の葉、白菜,ビーツ、 クローバー、タンポポ. ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、人参、レタス、(緑の部分)または新鮮な草をあげてもいいです。

6

飼葉は, これだけを上げるのではなく、何かと一緒に与えてください。繊維が沢山入った飼葉を選ぶか、種入りではなく、ペレットと呼ばれる飼葉がお勧めです。それはウサギが好きだからです。また若いウサギ(ウサギの赤ちゃん)には肥満で無い限り、どんどん飼葉を与えて大丈夫です。

7

でもカリフラワー、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンニクのような野菜は与えないでください。またフルーツには沢山糖分が含まれているので与えすぎるのもよくないです。

またドライフルーツもよくないです。ひまわりの種、犬や猫にあげるような豆、調理済みのもの、チーズや乳製品もよくないです。

ウサギの飼育時の餌の選び方 - ステップ7
8

他のペットと同じく、ウサギもいつもきれいな水が必要です。一日に2回は交換して清潔を保ちましょう。または餌は毎日なるべく同じ時間に、一日2回、規則正しく与えるのがベストです。

9

長生きしてもらうためには、以下のような点にも注意をしてください。

  • 健康維持のために時には獣医に見せましょう。
  • ウサギの歯のために、木の破片や何か硬いものを与えましょう。
  • よく毛をとかしてあげてください。
  • 運動のために、外に出させてあげましょう。

こちらでは、さらに詳しいウサギの正しい育て方を紹介しています。

ウサギの飼育時の餌の選び方と関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • うさぎの体重が太りすぎたり、やせすぎたりしないように注意してください

ウサギの飼育時の餌の選び方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ウサギの飼育時の餌の選び方
41
ウサギの飼育時の餌の選び方

トップに戻る