シェア

自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法

疥癬(かいせん)とは犬の病気の事です。ご存じのとおり、犬はとても賢く、免疫力もある動物です。疥癬は色々な原因が考えられますが、ウイルスが皮膚などから侵入し、そのせいで毛が抜けてしまったり、免疫力が低下したりする病気です。疥癬は感染するものと、しないものがあります。こちらでは犬が疥癬にかかっているかどうかを知る方法を紹介します。

ヒゼンダニ症と毛包虫症

犬の疥癬には主に2つの種類があります。

一つは、一般的に「疥癬」として知られているヒゼンダニ症です。

もう一つの種類は、「赤い疥癬」または「毛包虫症」として知られているニキビダニ症です。

ヒゼンダニ疥癬は、小さなヒゼンダニによって引き起こります。

メスのダニは宿主の皮膚にトンネルを深く掘って、そこで繰り返して卵を産みます。メスは産卵後、死亡します。

3−8日後、卵は6本足の幼虫になり、そして、幼虫は8本足のニンフになります。ニンフから成虫までは宿主の皮膚のトンネルに住んでいます。

成虫ダニは交配し、そして2−3週間のライフ・サイクルが再び開始します。

ヒゼンダニ疥癬は非常に伝染性であり、犬だけでなく、猫、豚、馬、ヒトを含む他の動物にも伝染します。ダニが宿主から離れても生きられるので、 犬は感染した動物と接触することなく伝染することが可能です。ヒゼンダニは犬の皮膚にトンネルを掘って皮膚の中へ入り込むため犬に激しいかゆみを引き起こします。

自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法 - ヒゼンダニ症と毛包虫症

疥癬

疥癬はとても伝染しやすく、他の動物にもうつります。人間にもうつりますが、人の体内ではそんなに長持ちしません。この病気は感染病で特に犬によくおきます。短時間で皮膚を傷つけ、深い傷跡を残します。初めはよく目やひじに感染します。

自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法 - 疥癬

ニキビダニ症(毛包虫症)

  • 実は、犬の皮膚には常に少数のニキビダニが住んでいます。 健康であれば、犬がこれらのダニと調和して共生することができます。しかし、免疫力が弱まった犬では、 これらのダニが多く繁殖し、犬に感染症を引き起こす可能性があります。ニキビダニは人に感染しません。犬に見られる毛包虫症が2つ一般的なタイプあります。
  • 局所感染症:ダニは犬の体のほんの小さな部分(通常は犬の顔、例えば、目の周りや口角など)に蔓延します。この状態は子犬に一般的で、 多くの病例は治療なしで犬自分自身がよくなります。
  • 全身感染症:毛包虫症は、皮膚の大きな領域や犬の全身に蔓延します。この状態は、激しいかゆみ、脱毛や悪臭の原因となる細菌の二次感染を引き起こします。 また、二次感染の場合には、皮膚が炎症になり、血液や膿がにじみ出ることがあります。
自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法 - ニキビダニ症(毛包虫症)

犬の疥癬

犬がどのタイプの疥癬にかかっているかで、対処法も変わります。こちらでは詳しく紹介します。:

  • 耳の疥癬: このタイプの疥癬は、頻繁に獣医に連れて行っていれば、予防できます。耳に疥癬があれば、耳の薬で対処できます。でも必ず専門医に相談しましょう。
  • 局部の疥癬:これはピペットで取ることができます。この場合殺虫剤を入れたお風呂にいれてあげるといいです。でもその前に獣医に相談してください。
  • もし犬が疥癬かなと思ったら、すぐに獣医へ連れていきましょう。そしてどのタイプの犬の疥癬か調べ、対処法を聞きましょう。
自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法 - 犬の疥癬

自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法と関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法
51
自分の犬が疥癬にかかっているかを知る方法

トップに戻る