シェア
シェア:

ウグイスとメジロの違い

ウグイスとメジロの違い

春に鳴ると綺麗な鳴き声で鳴いて、春をつげるウグイスをあなたは、見たことがありますか?

その鳥は、本当にウグイスでしたか? 他の鳥ではありませんでしたか?

私たちは、ウグイスに対して、間違った知識を持っている様なんです。

私たちが、ウグイスとして見ている鳥は、メジロの可能性が高いのです。

では何故、私たちは間違ってみてしまっているのでしょうか。

それでは、それぞれの鳥の特徴についてみていきましょう。

出典:fromkato.com

こちらもオススメ: イモリとヤモリの違い

ウグイスとは

ウグイスは、スズメ目メジロ科の鳥で、春になると「ホーホケキョ」と鳴いて、春の訪れを知らせてくれます。体調は、オスが15センチほどで、メスはオスより約2センチほど小さく、スズメとほぼ同じ大きさです。オオルリやコマドリとともに、「日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)」と呼ばれています。ちなみに、日本三鳴鳥とは、その名の通り日本に生息する鳥類スズメ目のなかで美しい鳴き方をする鳥を称した呼び方です。オオルリは「ピリーリー」、コマドリは「ヒンカララ」と鳴きます。

日本では、各地の平地や山地の林やその周りの薮で繁殖します。寒くなってくると山地にいるウグイスは平地へと下りていきます。いつもはその姿を薮の中に隠していることが多いので、目にすることは少ないのですが声はハッキリと聞こえます。それが早春に私たちが耳にするおなじみの「ホーホケキョ」です。山に登るとこの鳴き声は、真夏まで耳にすることができます。春先に平地で、「ホーホケキョ」と練習をしていたウグイス達は、暖かくなってくると山へ帰って行って巣作りをはじめます。

ちなみに、「ホー」は吸う息で、「ホケキョ」は吐く息です。

また、ウグイスの鳴き方には様々あり、オスのウグイスが繁殖期に警戒して鳴くのを「谷渡り」といいます。そして繁殖期が終わって冬に鳴ると「チャッ、チャッ」と小さな声で庭先や公園などで鳴いていることがあります。これを「笹鳴き」といいます。笹鳴きも同じく警戒して鳴いているのですが、オスのウグイスだけではなく、メスのウグイスも笹鳴きをします。

では、ウグイスの大きさ、鳴き方が分かったところで、あまり姿をみせない鳥ではありますが、もし、その姿をあなたの目の前に見せた時、あなたは気付く事ができるでしょうか?

ウグイスだからと、「ウグイス色」のウグイス餅やウグイスパンなどにみられる鮮やかな黄緑色の鳥を一生懸命探したりしていませんか?

それでは、ウグイスは見つかりません。なぜなら、ウグイスは、茶色に近い黄緑色をしているからです。

では何故、実際のウグイスとは違ったウグイス色と呼ぶのでしょうか?

実は、江戸時代、女性の間で、ウグイスの背の色に似てて褐色かかった黄緑色が、染め色の一種として好まれました。その色を「鶯茶色」を単に「鶯色」と呼んでいたそうです。また、ウグイスの糞が、毛虫や青葉を食べるため黄緑色をしていることがあるため、そこからきたとの説もあります。

こうした様々な要因から、「ウグイス色=黄緑色=ウグイスの色」とイメージが私たちの中で定着していった様です。

出典:mingtian.seesaa.net

ウグイスとは

メジロとは

メジロとは、メジロ科の鳥で、体調は約12センチです。日本各地の平地や山地の林に生息しています。西南の常緑広葉樹林に多く、北海道ではあまりみられないません。また、市街地の公園や庭でも目にすることができます。名前の由来にもなっている通り、目の周りが白いのが特徴です。そして、鮮やかな黄緑色をしていて、春先には梅の花の枝にとまっていることもあり、多くの人々が、ウグイスと勘違いして目にしている鳥です。ウグイスがなかなか姿をみせないのに対し、メジロは、花の蜜や果汁が大好きなので、よく私たちの目の前に姿を表します。鳴き方は、ウグイスよりも長く複雑です。

出典:plaza.rakuten.co.jp

メジロとは

まとめ

ウグイスとメジロの違いは分かりましたか?

世間にあふれているウグイス色(ウグイス餅、ウグイスパンなど)や春のイメージから、メジロをウグイスと思ってみていた人は多いのではないのでしょうか。

ウグイスは警戒心が強く、人前に現れない鳥なので、もし実際にウグイスを目にしその鳴き声を耳にしていたのら、かなり幸運なことかも知れませんね。

出典:www.cicnavi.com

まとめ

ウグイスとメジロの違いのようなハウツー記事をもっと読む場合は「動物」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

ウグイスとメジロの違いの記事にコメントを書く

すごく役に立った

ウグイスとメジロの違い
41
ウグイスとメジロの違い