シェア

カメの飼育方法

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
カメの飼育方法

水がめは犬や猫のように、色々な形で人間とコミュニケーションができます。子供にとって、動物の大切さを教えるのにちょうどいいです。 また責任感も身につけられます。こちらではその育て方や、大切なことをお伝えます。

従う手順:
1

亀が余裕で入れるような大き目の水槽を用意してください。できれば、2匹亀がいたらいいです。 少し、水ではなく陸上の部分を作ってあげてください。そこで休んだり、日に当たったりするためです。

2

亀が泳げるように、水は十分な深さを作るようにしてください。

3

亀の家、巣を光が入るところに作るようにしてください。骨と甲羅のためにも太陽の光は大切なんです。 もし難しいようなら、部屋にライトをおきましょう。これは亀を大切に育てるのに、本当に必要不可欠です。

4

水面の温度は26から28度に保ってください。それから25度以下にはならないようにしてください。ライトをあてて温度を調整するようなものもあります。亀は陸上に出た時、大きな変化を感じるのです。

5

また水にも気をつけなければいけません。病気にならないためには、いつも清潔にしておかなければいけません。そのために、フィルターを使うのはいい方法です。また水を頻繁に交換しましょう。かめがいればいるほど、水は汚れてしまいます。

6

ペットショップ屋では亀のえさが売っています。しかし亀の食生活を変えることもできるし、他のタイプのえさもあげられます。亀は雑食性ですが、人間が食べる既成の食べ物(塩を使っていたり、出来合いの食べ物)をあげてはいけません。

7

それから、亀は食いしん坊の生き物です。何でも食べるので、与えるえさには十分注意しないといけません。亀の子供なら一日に3回、大人なら週に3,4回えさをあげましょう。

8

水がめの健康にはこれら3つが大切です。適切な光があるか。えさを十分に与えているか。水槽をきれいにしているかです。亀には19リットルの水とスプーン4分の1の塩が適切でしょう。

9

亀は散歩には行ったり、遊んだりできませんが、健康に育つためには、他のペットと同じく人間の愛情が必要なんです。

もし亀が冬眠を始めたらどのようにしたらいいかわかりませんね。下記のページではその時の対処法を説明しています。

カメの飼育方法と関連した記事をチェックしたい場合は、ペットのジャンルから探すことができます。

カメの飼育方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

カメの飼育方法
カメの飼育方法

トップに戻る